News

最新10件 過去のニュース: タイトル一覧 月別一覧

おうち時間


ディスカバージャパンの6月号は「おうち時間」。「椅子」というエッセイを書かせて頂きました。読者のおうち時間の為のエッセイなんですが、エッセイを書くおうち時間をいただき、気が安まりました。
Discover Japan 2020年6月号「おうち時間。」
¥1,100
2020/05/07発売

成長


オンライン会議でヘトヘトですが、久しぶりの晴天で気持ちが良い朝です!
事務所の蔦も壁一杯に広がって建物が育っています。

あそこ


敷地調査の後に仮オープン中の「あその」の工事検査。気持ち良く働く居場所がたくさん出来ています。

新たな家


早朝から数週間ぶりの現場調査。新たな家の敷地は借景が豊かないい場所です。

原型


相羽建設の施設「あいばこ」で、わざわ座の家具撮影。カメラマンは阿部良寛さん。「あいばこ」は8年前に初めて相羽建設と協働した仕事。窓ベンチの原型があって懐かしい。

緊急ワークショップ


近所のmaru cafeさんが、テイクアウトの資材置き場が足りないとのことで緊急ワークショップ。いつもながら皆んなで段ボール箱を積んで内側に開口を付けて収納棚完成。少々「密」ではありましたがご勘弁下さい。

最終日


7days Book Cover Challenge|最終日
最終日はアントニン・レイモンドの建築詳細図面譜。
1938年の出版時にこの図面を記録した理と、一本の線に責任と持つことの大切さが伝わります。
スタッフには吉村順三さんのお名前も書かれています。

●ANTONIN RAYMOND Architectural Details(初版)
●著者|アントニン・レイモンド

————
次はグラフィックデザイナーの
水野 佳史 (Yoshifumi Mizuno)
さんにバトンタッチしますのでお楽しみに。

6日目


7days Book Cover Challenge|6日目

6日目はENZO MARIさんの作品集。
久しぶりにこの本を開いたら19年前の講演会のメモを発見。
当時、感動した理由が今になってわかりました。
●ENZO MARI
●著者| ENZO MARI

5日目


7days Book Cover Challenge|5日目
5日目は安野光雅さんの絵本。
数年前に巡回展の会場構成をさせていただき、この本の細部の拘りに感動。
●あいうえおの本
●著者|安野光雅
●ブックデザイン|安野光雅

4日目


7days Book Cover Challenge|4日目

4日目は桂離宮の写真集「桂」
10年毎に訪れて自分をはかる場所。
●桂
●写真|石元泰博
●テキスト|丹下健三
●ブックデザイン|亀倉雄策

3日目


7days Book Cover Challenge|3日目
3日目は今和次郎集から「造形論」
●造形論
●著者|今和次郎
●ブックデザイン|粟津潔

2日目


7days Book Cover Challenge|2日目
2日目は「倉俣史朗の仕事」
作品と言わずに仕事という表現が好きです。
●倉俣史朗の仕事
●著者|倉俣史朗
●ブックデザイン|石岡瑛子

1日目


7days Book Cover Challenge|1日目
旧知のライター長町美和子さんからバトンタッチ。初日は忖度をして「鯨尺の法則」で、写真は村角創一風に…。
●鯨尺の法則
●著者|長町美和子
●ブックデザイン|山口信博

オフィスに使いたい木の家具


コンフォルト最新号は「オフィスデザイン」がテーマ。コンフォルトらしく働き方が学べます。「オフィスに使いたい木の家具」のページでは「大雪木工」と「わざわ座」の家具を紹介していただきました。

居場所


「土気の家」も子供が2人で自宅学習中。庭の居場所も素敵な使い方をしてくれています。

屋根より低い鯉のぼり


旭川の大雪木工では、突板を化粧貼りができるので、突板以外にも紙や布も化粧貼りが可能です。2018年のADWでは、使わなくなった鯉のぼりをキャビネットと椅子に誂えました。屋根より低い鯉のぼりですが、毎日が「子供の日」です。

◻︎大雪の大切プロジェクト
http://www.taisetsu-mokko.co.jp

締めのサイン工事


飯能商工会議所の家具も無事に納まり締めはサイン工事。複雑で美しい建築の中で、家具はあくまでも簡素ですが強く繊細に。建築設計は野沢正光さん、構造設計は稲山正弘さん。

旭川


旭川の大雪木工とのオンライン会議も実りのある打ち合わせ。オンラインでも顔を合わせることが大事でなんだかホッとします。そして今やることを前向きに進められそうです。そして残念なお知らせですが今年のADW2020は中止となりました……。

鯉のぼり


今年の鯉のぼりは屋根の下。いつもながらのNUNOの鯉のぼりは、オンライン会議の画面背景に写る場所で揺らいでいます。

なごみ4月号


茶道の情報誌「なごみ」4月号の特集、「茶箱って楽しい。」でだいぶ前につくって使っていた茶箱を紹介していただきました。若葉家具の木箱、テーブル工房kikiの木筒、一和堂の漆椀、hanaichimatsuとかまわぬの布、自作の茶杓を「つぶ庵」で撮影をしていただきました。