News

最新10件 過去のニュース: タイトル一覧 月別一覧

大雪の大切プロジェクト「入れる匣から入る箱」


ADW2019(Asahikawa Design Week 2019)が間もなく開催されます。Koizumi Studioが4年前から関わる大雪木工では「大雪の大切プロジェクト」という活動を続け、今回は箱が得意なメーカーとして、箱の新たな可能性を探る中で生まれた、家具であり空間でもある箱の提案「入れる匣から入る箱」をお披露目します。また、「大雪の大切プロジェクト」では、ADWのバス停の制作にも携わっています。

■ 大雪の大切プロジェクト「入れる匣から入る箱」
会期|2019.6.19 Wen- 6.23 Sun
場所|株式会社大雪木工・工場(北海道上川郡東川町北町4丁目13-2)

「大雪の大切プロジェクト」とは。
1983年 創業と同時に箱物家具の製造を開始した大雪木工は、高度成長期を経てバブル崩壊を経験し、箱物家具の需要も減少していく中、生活様式の変化にともないテーブルやイスなどの脚物家具の製造にも精力的に取りんで来ました。そんな中、始まったのが,小泉誠+平塚智恵美+村田一樹+大雪木工が、モノづくりを続けるために大切なコトを探求し続ける活動「大雪の大切プロジェクト」を2016年に始動しました。今回は、このプロジェクトから生まれたカタチを表現する3回目の空間展示となります。

神保町の現場


神保町で進行中のオフィスリノベの現場打ち合わせ。秋山棟梁の繊細な仕事でピリッとしています。掛軸を扱うこのオフィスでは、茶室のような小さな打ち合わせ室が活躍しそうです。

5月の徳島ワークショップ 2日目


宮崎椅子製作所ではニューヨークの報告会、HP、新作椅子、そしてスタッフ全員写真と、
こちらも盛り沢山。

5月の徳島ワークショップ 1日目


徳島のテーブル工房kikiでは恒例になって来たスタッフ全員ランチ会。ランチの余興ではニューヨークの報告会で「伝える力」の話。ワークショップではテーブル、デスク、ゼミ生のワークショップ用の木っ端集め、TV台、知的財産会議と、今回も盛り沢山!

ICFF2019も無事に終了


宮崎椅子製作所が参加したニューヨークでのICFF2019も無事に終了。
じっくりしっかりと伝わったようです。

大きな現場


京都の現場が立ち上がって来ています。大きな現場です……。

燕と三条


燕と三条では各工場が環境整備に取りかかり、スタッフルームやトイレの改善が次に繋がり始めています。そして、「ambai」「家事問屋」の製品ももちろん着々と進化しています。

おつまみレシピ


建築知識ビルダーズ37号の綴じ込み付録は「小泉誠のおつまみレシピ20」。おつまみとは「つまみ」の事で、オリジナル取手や物件で四苦八苦して考えた取手が図面とともに登場しています。

広島県海田町


はじめての街、広島県海田町。電車に往復10時間乗って打ち合わせを5時間。なんとか日帰りが可能です。

手水


京都のホテルに設える手水の打ち合わせで久し振りに陶芸家のコーちゃんに再会。相変わらずのノリの良さで早々にイメージがまとまりました。

現物検証!


神保町で進行中のオフィスリノベ。秋山棟梁から声がかかり相羽建設の加工場に行くと、なんと現物仮組みが出来上がっている!いつもながらの細かな仕事でワクワクするばかりです。そして現物検証がやっぱりわかりやすい!

街並


経年変化と経年劣化が混在する街。どちらにしても使い続けている事が美しい。

建築


ニューヨークの街を歩くとジョンソン.ミース.タニグチ.ザイオンと巨匠の仕事に遭遇。写真の場所が全てわかる人はかなりの建築通かな。

shiro to shiro


nalata nalataでの「shiro to shiro」も無事にスタート。店主のスティーブンソンとアンジェリク夫妻のセンスが、設え、キャプション、スタッフまで行き届き、質の高さを感じます。今日のドレスコードも「shiro」でケイタリングや設えの花までみんな白。お陰様で大賑わいのオープニングとなりました。

明日からICFF


宮崎椅子製作所が参加するニューヨークでのICFF2019の設営も着々と進んでいます。相変わらず段ボール箱を積んで宮崎社長も一緒に会場制作。いよいよ明日から開始です。

NOGUCHI MUSEUM


仕事前にホテルの近くのNOGUCHI MUSEUMへ。イサムノグチのニューヨークのアトリエ跡で、当時の空気を感じ取れました。

ニューヨークに到着


なんとか無事にニューヨーク到着と思ったらホテルの予約が明日からになっていて、すったもんだ。nalatanalataの設営も着々と進んでいます。

Yawn house メンテナンス


Yawn Houseは15年前に初めて建築をやり遂げた家。メンテナンスで久しぶりに訪問。今でも丁寧に暮らしていただき庭の木々も昔から此処にあったかのようです。これからもじっくり関わらせて頂きます。

+漆×漆


「+漆×漆」という本を出版しました。2016年に日本デザインコミッティー主催で、小泉誠がディレクションを務めた展覧会「伝統の未来|漆+素材=性能」を一冊にまとめたものです。本来、身近な性能素材だった「漆」を見つめ直し、過去の性能に加え、新たな性能を見つけ、漆の可能性を集めてみました。

●+漆×漆 1,000円

冊子デザイン:山口信博+宮巻 麗
監修:桐本泰一
協力:日本デザインコミッティー/日本デザインセンター 原デザイン研究所

http://www.koizumi-studio.jp/item_urushi.html

京都のホテルで検討中


京都に計画進行中のホテルの入口に置く「手水」の色を検討中。水を張って奥ゆかしく感じる色と同時に埃が目立ちにくい色も模索。器に埃の代用としてドライバジルをぱらりと降って確認中。