News

最新10件 過去のニュース: タイトル一覧 月別一覧

四日市で


四日市に通って土鍋や急須に向かい合っています。

㊙︎展レポート


21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「㊙︎展 めったに見られないデザイナーたちの原画展」も新型コロナウィルス対策で3月31日(火)まで休館中ですが、ホームページ内のDOCUMENTSで「㊙︎展から見えてくるもの」と題してデザインジャーナリストの土田貴宏さんが的確なレポートをまとめていますので、ぜひご覧ください。

kitokiの定例会議


kitokiと若葉家具の定例会で福山の「のとこ」。若葉家具では新たな設備導入。kitokiではワークショップ用の樹種セットが完成。この樹種セットはkitokiのイベントを行なっていただいた販売店の皆さんへのノベルティです。

能作で


高岡の能作で打ち合わせ。快晴で立山山麓もバッチリ。帰りの車中で能作キッチンのベーグルで腹ごしらえ。いつもながら美味しい!

現場周り その4


最後の現場は、吉祥寺のbluesheep。明後日からの「エリック、カール展」に向けてギャラリー部分の拡張とライティング調整。原寸ミッフィも無事にギャラリーから脱出。

現場周り その3


三番目の現場は、相羽建設の新たな施設「あそこ」。秋山棟梁と現場の皆さんの心意気のある仕事に助けられています。こちらは4月に塗装ワークショップや造園ワークショップを行い完成を迎えます。

現場周り その2


二軒目は、野沢正光さん設計の飯能の現場で、本当に美しい構造体。こちらも手摺りや家具やサインなど細かな部分を検討中。

現場周り その1


今日は終日現場周り。朝一番で高崎のほしかわ工務店の□堂。建築はポライトデザインオフィスの大橋さんで隣の△荘もいいプロポーション。外構の塀の高さや備品の確認など、細かな仕事が続きます。

3月4日


今週、4日は長友啓典さんの命日。

大雪木工で


こんな最中に旭川。飛行機も空港もお店もガラガラ。ADW2020は延期が決まりましたが、大雪木工では新たな試み「大雪と4つのものづくり」を企てて、現在探求中です。

桃の節句


こいずみ道具店のお雛様は、登米のコケシと北欧のソルト&ペッパー。夕方になったらインダストリアルなぼんぼりを灯します。

「あそこ」


相羽建設の新たな施設「あそこ」の工事が着々と進んでいます。

有田でセミナー


佐賀県窯業技術センターのセミナーで久しぶりに有田入り。センターのサインは全て磁器でモダンで美しい。宿泊は問屋団地に出来たarita huis。ここは産地の新たな試み。窯元ではSITAKUの生地が沢山出来上がっていました。

四日市で


四日市で土鍋と急須の工場視察。どちらも形の理を教えていただき、いよいよデザイン開始。帰りにBANKO archive design museumに寄り道。白丹波展を開催していてとても良い展示。内田鋼一さんとも久しぶりに会えました。

能作で


能作の定例会議と能作さんの快気祝いで高岡入り。平日にもかかわらずお客さんが沢山でありがたいかぎりです。能作の施設のために開発したドアハンドルは、こいずみ道具店でも絶賛発売中です。鋳込んだままの真鍮の手触りがとても良いです。

野沢正光さん設計の建物


野沢正光さん設計の建物に関わらせていただいています。構造が意匠となる、とても強く美しい建築です。今回は家具デザイン、サイン計画、色彩計画に関わり、この空間の邪魔にならず生き生きとなるよう思案中です。

フランクフルト最終日 その2


フランクフルトから帰るも時差ぼけが長引いています。フランクフルトの最終日は市内視察。偶然フリーマーケットに遭遇しインゴマウラーの名作Graslを発見!その他、万力、錘、真鍮フック、ペタンク、版木、ワインクーラー、ピンコロを連れて帰りました。

フランクフルト最終日 その1


フランクフルト最終日はフランクフルト工芸美術館に寄り道。学生時代に憧れたリチャードマイヤーの建築を初体験。印象的な部分はあるものの、思ったよりも要素が多く大雑把な感じ。

今年のambient その2


世界最大の見本市と言われるambientはスタイリングや提案の仕方も面白い。今日のランチは仮設のcafeRED。食べ物がとても不味く見えて目もチカチカですが、それも楽しい。

今年のambient その1


今年の家事問屋は包丁研ぎの実演で刃物の仕組みを伝えます。また、数多い全出品物から選ばれるambient trends 2020に南部鉄器のtetsupressoとtetuが選出されました。