kaico

大きな開口で洗いやすい形、持ちやすく熱くならない大きな木の取手、熱を受けるための底の広い形、
そしてその形に日本の白木をつかい、素直に形にしていくといさぎよい形になりました。
kaico