News

最新10件 過去のニュース: タイトル一覧 月別一覧

半年ぶりの武蔵美


大学の授業もオンラインが続きましたが半年ぶりに出校。ゼミ生達も元気な様子でひと安心。

Yawn Houseの改修工事


15年前に建築初挑戦したYawn Houseの改修工事で鎌倉。3mの大開口がとても気持ち良く森の中に居るよう。お昼の人参パスタも初めての美味しさ!

さくらんぼん


サクランボの季節です。早速チェリー材でできたサクランボ型の小皿でいただきました。相性バッチリで美しく美味しい。同じ形のお盆「さくらんぼん」も人気者です。
果実コースター
果実盆

フォームレディ 東京店


フォームレディ東京をasahineko然の内木さんと共に1日で施工。事務所兼ショールームですがお店として流行ってしまいそうです。

箱の間


三菱地所と元カギロイのメンバーとで4年前より協働したプロジェクト「箱の間」が最近人気です。三菱地所が管理する山梨の森と東京をつなげる活動の一端で、今日と明後日と立て続けにTVで紹介していただきます。

●テレビ東京・WBS
6月25日(木)23時に放送予定。
リモートワークの様々な形を取りあげる中で「箱の間」がご紹介されます。
●フジテレビ・めざましどようび
6月27日(土)朝7時台の放送予定。 →7月中旬に変更。
職住融合のトレンド特集があり、7〜8テーマある中の1つに「箱の間」が紹介されます。

つむじで桜湯


「つむじ」で庭で取れた桜の塩漬けの桜湯をいただき「あそこ」へ出発。相羽建設の新しい施設「あそこ」では小林賢二さんの外構も出来上がり運営会議。内部には「大工の手」の家具が満載!

心地良い場所「つむじ」


相羽建設の「つむじ」が出来てはや5年。風になびく樹々の音や木漏れ日が気持ちいい。
小さな居場所「舎庫」、看板としての「巣箱」、楽しい居場所「3階ドミノ」、伊礼智さん設計の「i-works」、小林賢二さんデザインの「外構」、そして「つむじスタッフ」と、どれもが味が出てきて良い雰囲気です。

kaicoとambai


立川GREEN SPRINGS内のTAKE-OFF-SITEでは、こいずみ道具店のコーナーも交えて、地元に関わる品々が並んでいます。

青と赤


立川GREEN SPRINGSのPLAY!MUSEUMの内覧会。
ここはミュージアムと子供の遊び場が一緒になった施設。設計は写真の青と赤の方々で、わくわくと楽しい空間。目を引いたのがエリックカールの仕事場の写真で感覚が手を動かしている証。

GREEN SPRINGS


地元の立川にGREEN SPRINGSという施設が4月オープンしました。ここの屋外屋台のデザインにも関わりましたがイベントの中止が続き間も無くお披露目できると思います。
そして同じく地元の福永紙工さんが運営するTAKEOFF-SHOPが、この施設内にオープンします。初回のイベントは、地元の繋がりがある方々を集めてのセレクトでスタートで「こいずみ道具店」も仲間に入れていただきました。

●第1回デザインプロダクトイベント
会期|2020年6月5日~7月末日
営業時間| 10:00-17:00
場所|TAKEOFF-SHOP/TAKEOFF-SITE
〒190-0014 東京都立川市緑町3-1 E1 204
TEL: 042-506-1155

このエリアで活動している企業、作家さんと福永紙工さんとつながりのあるクリエイターの方のプロダクトをご紹介。KOTOBUKIYA、丸和製作所、matsurica、FLEXNOTE、muraco、こいずみ道具店、水縞、ホットマン、十布、BUAISOU10社がそれぞれにセレクトしたプロダクトをゆっくりとご覧ください。

ご挨拶


大事な製品を助けていただき守っていただいている方々へご挨拶。

雑司ケ谷に


雑司ケ谷の神社前に某社の東京拠点が出来上がります。

おうち時間


ディスカバージャパンの6月号は「おうち時間」。「椅子」というエッセイを書かせて頂きました。読者のおうち時間の為のエッセイなんですが、エッセイを書くおうち時間をいただき、気が安まりました。
Discover Japan 2020年6月号「おうち時間。」
¥1,100
2020/05/07発売

成長


オンライン会議でヘトヘトですが、久しぶりの晴天で気持ちが良い朝です!
事務所の蔦も壁一杯に広がって建物が育っています。

あそこ


敷地調査の後に仮オープン中の「あその」の工事検査。気持ち良く働く居場所がたくさん出来ています。

新たな家


早朝から数週間ぶりの現場調査。新たな家の敷地は借景が豊かないい場所です。

原型


相羽建設の施設「あいばこ」で、わざわ座の家具撮影。カメラマンは阿部良寛さん。「あいばこ」は8年前に初めて相羽建設と協働した仕事。窓ベンチの原型があって懐かしい。

緊急ワークショップ


近所のmaru cafeさんが、テイクアウトの資材置き場が足りないとのことで緊急ワークショップ。いつもながら皆んなで段ボール箱を積んで内側に開口を付けて収納棚完成。少々「密」ではありましたがご勘弁下さい。

最終日


7days Book Cover Challenge|最終日
最終日はアントニン・レイモンドの建築詳細図面譜。
1938年の出版時にこの図面を記録した理と、一本の線に責任と持つことの大切さが伝わります。
スタッフには吉村順三さんのお名前も書かれています。

●ANTONIN RAYMOND Architectural Details(初版)
●著者|アントニン・レイモンド

————
次はグラフィックデザイナーの
水野 佳史 (Yoshifumi Mizuno)
さんにバトンタッチしますのでお楽しみに。

6日目


7days Book Cover Challenge|6日目

6日目はENZO MARIさんの作品集。
久しぶりにこの本を開いたら19年前の講演会のメモを発見。
当時、感動した理由が今になってわかりました。
●ENZO MARI
●著者| ENZO MARI